有川靖夫の日記

カントが唱える真善美に利を加えた普遍的な価値の獲得に日々努力しております。

今日、日本が災難に遭遇する根本の原因ーその1

 久しぶりの日記です。パソコンに不具合が起きてお休みしておりました。昨日やっと治りました。今の時代、パソコンなしではやりたい仕事ができませんね。あらためまして、釈迦と日蓮大聖人の本当の教えを学び行動する教団・「ワールドピース地涌の会」の会主の有川靖夫です。

 さて、日本はいま大変なことになっておりますね。一つは、10月22日投開票の総選挙が行われるということで、政権ダッシュを目指して日本人の候補者達が国内で熾烈なバトルを展開いたします。

 一方、国外に目を転じれば北朝鮮が太平洋上における水爆実験を近々行うかもしれないということで、国民は恐怖に襲われています。

 このような状況はまさしく、日蓮大聖人の立正安国論によれば前者は、自界叛逆の難であり、後者は、他国侵逼の難という前代未聞の大難に日本は遭遇しているのであります。

 こうした2難が突如として起きる原因は何か、について、日蓮大聖人は明快に指南されております。立正安国論に書かれた原文を紹介いたしましょう。

 「世皆正に背き人悉く悪に帰す、故に善神は国を捨てて相去り聖人は所を辞して還りたまわず、是れを以て魔来り鬼来り災起り難起る言わずんばある可からず恐れずんばある可からず」

 この意味は、釈迦の本当の教えを説いている日蓮大聖人を、日本国民の大多数がないがしろにして、正しい指導に従わないために災難が起こるのである、との意であります。他の御書には「日蓮によりて日本国の有無はあるべし」とも述べておられます。

 日本における今日の事態を私は前々から心配しておりました。釈迦の本当の教えは日蓮大聖人に引き継がれ、釈迦滅後2000年以降の末法の時代は、日蓮大聖人が弘安2年10月12日ご図顕の本門戒壇の大御本尊に帰依した民衆による立正活動があってこそ安国、即ち日本の平和は実現されるのであります。

 日本の現状はどうでしょうか。皆さんご存知ですか。600万世帯を超える会員を擁する創価学会が、一昨年11月、創立以来叫び続けてきたこの戒壇の大本尊と決別することを宣言したのであります。「百日一年三年七年を出でず・・・」必ず罰の現象がでると断言されているのです。先日、日本列島を総なめにした台風18号も日蓮大聖人の予言が的中したと言えます。なぜそう言えるのか、その理由については次回述べます。

 

yasosan.hatenablog.com

 

 

yasosan.hatenablog.com

 

 

yasosan.hatenablog.com

 罰の