読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有川靖夫の日記

カントが唱える真善美に利を加えた普遍的な価値の獲得に日々努力しております。

大御本尊の功徳は六根清浄

 今日は5月2日、私は千葉の別荘に来ています。二階の窓からは心地よい緑の風が入ってきます。コーヒーを飲みながら、これから順次、本門戒壇の大御本尊にリンクした当会・ワールドピース地涌の会に入会し、ご本尊に五座三座の勤行の修行をしていくと、一体、どのような功徳があるのかについてお話いたします。

 釈迦と日蓮大聖人の御金言には汚れた命が磨かれ、六根清浄の功徳が得られる仰せです。六根とは眼・耳・鼻・舌・身・意の人間に備わる6つの器官・機能のことです。これらの6つの器官の機能は、すべてが人間の体と心を生かしめている生命の根っこに繋がっていることから、眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根と言うわけです。

 このような仕組みを理解できると、何をどうすべきかが自ずと明確になってきます。そうです。6根の源となっている生命を清浄無垢なものに磨き上げ、不動の仏心の生命を確立することが人生究極の目的になるわけです。私は中学1年の時から今日までの66年間片時も忘れずに唱題に励み、我が生命を磨きながら、六根清浄の修行をしてまいりました。その結果どうであったか、自らの体験を通して六根清浄の功徳をについてお話しましょう。

● 眼の功徳について

 私は今年74歳になりますが、先日、自動車の免許更新で高齢者講習に臨みましたが、すべて合格し新しい免許証を頂いてきました。日産のディアリスに乗ってドライブを楽しんでいます。垂れ目になることもなく、目に輝きがでてきます。保険会社の細かい文字も眼鏡なしで読むことができます。

 眼の功徳は単に機能上の浄化だけではありません。自分が幸福になるために必要なものは全て見ることができるようになるのです。私は議員時代に世界36都市の風景を見ることができました。美しい絵や宝石、建築物、芸術作品、そして美男美女も瞼に収めることができました。さらに、すべての事相をありのままに正しく見れる目になるのです。のろけ話で恐縮ですが、正直さが言語・態度・動作に表れるので飽きることがない東京芸大卒の女性と結婚し、まもなく金婚式を迎えます。今後もより美しいものを見て感動する人生が100歳を超えるまで生きることを思うと喜びがこみ上げてくるのです。

●耳の功徳について

 唱題の修行をしていくと、耳の機能がいつまでも正常に保たれるのです。私は今日まで耳かすを掘りすぎて炎症を起こしたことが何度かありましたが、耳の機能は正常です。時折、庭の植木の枝に止まって鳴く鶯の声には癒されます。長女が弾くメンデルスゾーンやリストのスタンウェイのピアノ曲の音は最高です。また、女性の演歌歌手の美声も大好きで歌詞を負いながら涙して生きる力が涌き心が穏やかになります。

 耳の功徳は音を聞くという機能だけのものではありません。自分が幸せになるために必要な情報が自然と舞い込んでくるようになるのです。唱題の修行によって強く願って電波を発信すると、それに感電した情報が飛び込んでくるのです。かつて、ローンを組んで4300万で購入した20坪たらずの新築住宅を、1億で買いたいという人がいるとの情報が舞い込みラッキーでした。

●鼻の功徳について

 正しい本尊を頂いて五座三座の勤行で唱題修行をしていくと嗅覚が発達し、匂いに敏感になります。異臭には即座に反応できるので、危機を脱することができるようになるのです。そればかりではありません。身の回りが良い香りに満たされる環境で生活できるようになるのです。また、不思議なことに私は、小さいときには鼻ぺっちゃと言われたのですが、大人になるにしたがって次第に鼻が高くなりました。

●舌の功徳について

 勤行唱題を続けていくと舌の機能が発達してきます。一つには味覚の発達です。年をとっても味覚に敏感でいられるのです。何を食べても味がしないとか、美味しくないとかの愚痴を言うことがなくて長生きできるのです。また、美味しいもの、旨いものを好きなだけ食べられる境涯の人になれるのです。

 二つには、呂律が回って言葉を明確に発することができるようになるのです。おかげさまで私は自分が求める味に敏感になり、その時々に食べたいものを不自由なく食べたり飲んだりしてきました。また、北島三郎の歌・北の漁場を周りが驚く程の声量で歌うことができるし、マイクを握ったら何時間でも張りのある声で演説することができます。

●身の功徳について

 唱題に励むと身体が軽くなり頑健になります。胃腸などの内臓が丈夫になり、腰痛・肩こり・関節痛・前立腺異常などがなくなります。顔色がよくなり体が弾み髪の毛までもが輝いてくるのです。へんなことを言って恐縮ですが、男性機能も衰えをしらず、多分、100歳過ぎても元気でいられると思います。役ただずの男は死んだも同然、魅力がないと言う人もいますね。いつでも仲良くできる人がいることは幸せなことです。まさに天人常充満の経本通りの境涯になれるのです。先日妻に言われて喉頭がん、食道がん胃がん、大腸がんの検査を受けましたがすべてセーフでした。

●意の功徳について

 意の功徳とは心が満たされる功徳のことです。現代人は心の悩みやストレスを抱えている人が多いですね。しかし、当会推奨の御本尊を拝む人には、常に、心の満足度は100点満点、生きること自体が楽しくてしようがないという人生に代わります。心に思ったことや願ったことを実現することができるようになれるのです。それは御本尊様に力があるからなのです。

 以上いろいろ述べましたが、六根清浄の人ほど魅力のある人間はおりません。即ち、仏(ブッダ)様のことを言っているのです。経本には、六根清浄の人は、智慧が明瞭になり多聞強識となるとあります。多聞強識とは沢山聞いても忘れない力が付いてくるということです。同時にそれを自由自在に引き出して思い通りに表現する力付いてくるのです。また、六根清浄の人には、悪い人や変な人は寄り付くことができず、良い人のみが周りに集まってくるようになるのです。

 六根に異常をきたし医学的な外からの治療をすることを否定はしませんが、より根本的な治療は、六根の機能を司る生命自体の浄化と強化の重要性を釈迦や日蓮大聖人は教えているのです。これは本当の話です。信じてください。もっと詳しく聞きたい方はいつでもご連絡ください。携帯は090-7825-6257です。