有川靖夫の日記

カントが唱える真善美に利を加えた普遍的な価値の獲得に日々努力しております。

日蓮大聖人はなぜ貧窮下賤の家に生まれたのか

 日蓮大聖人は自身が生まれた家柄について佐渡御書に次のように述べている。「日蓮今生には貧窮下賤と生れ、せん陀羅が家より出でたり」と。

 これは、生まれた家は貧困で身分の低いところであったと述べている。せん陀羅が家とは、インドの身分制度にカースと制度という4つの階級があったが、せん陀羅とはこの4階級の枠外におかれた最下層の身分との意味である。

 具体的には、チャンダーラと呼ばれ狩猟・屠殺などを業とした穢れたものとみなされ差別を受けていた。一般的に言って、人は皆、このような家柄に生まれたのであれば隠したがるのが普通ではないであろうか。なのに日蓮大聖人は隠すことなく、ハッキリと、自分はせん陀羅が子である、と他の御書でも述べているのである。

 私はこの御文に痛く感動している。これは、卑しい身分を隠す隠さないだけの問題ではなく、一生涯、最下層の貧しい人々に寄り添って、それらの人々を幸せにするためにはどうすべきか、という立正安国の実践を貫かれたことがあまりにも凄すぎるのである。

 冒頭の佐渡御書を知った人の中には、末法の時代の御本仏といわれる仏さまがなぜそんな下賤な家に生まれたのか、と疑問視する人がいるであろう。インドの釈迦は王様の子として生まれているのにと。

 このことについて日蓮大聖人は願兼於業(がんけんおごう)の姿を示されたのである。この意味は、無始以来の仏である日蓮大聖人は、過去世の仏道修行の功徳によって本当は釈迦のように善処に生まれるところを、民衆救済のために、願って悪業をつくり、民衆の苦悩を一身に引き受けて仏法を広めるために下賤の家に生まれたのである。

 中学1年の時に、日蓮大聖人のこの言葉に出会ってから、私は地に着いた生き方ができ本当にありがたく思っている。多感な小中学生の時代には、家柄や身分の高い同級生と自分を比較して、うらやむことが多かった。私の父母は小学校しか出ていない。その上、父は病弱で生活は苦しかったのである。

 今日、定年退職後の私は、しみじみと自分と向き合い、日々、自己の生命を磨き、溢れる生命力をもって自分の使命の道を打ち震えながら生きている。この幸せは、日蓮大聖人の本門戒壇の大御本尊にリンクできたからこそ得られたのである。

 だが、初心を忘れ、恩師の厳命にも違背し、わざわざ退転してしまい、元には戻れなくなった多くの自称・日蓮門下と称する人があちこちにいる。これらの人々を救うため、私はワールドピース地涌の会を立ち上げた。戸田先生の時代はよかった、と思う真の地涌の菩薩よこの旗のもと速やかに来たれ!富士の高嶺を忘れたか!連絡先は090-7825-6257です。

日蓮大聖人の降臨を予言した守護国界経とは

 今日は釈迦が法華経を説いた後に著した、守護国界経の重要箇所について解説致します。大半の方は一度も聞いたことのない経だと思います。しかし、現代を生きる日本人にとって大変重要なことが書かれた経なので、順次ご説明いたします。

 初めに、インド・マカダ国のアジャセ王がある時、釈迦のところに来て次のような質問をしました。即ち、我が国はブッダの出現された国なのに、なぜ、大干ばつ、大風、大水、飢饉、疫病などが年々起り、他国より攻められたりするのでしょうか、と。

 これに対し釈迦は、大変良い質問をした、と誉めた後、次のように応えた。「汝には多くの逆罪あり、其の中に父を殺し、提婆を師として我を害せしむ。この二罪、大なる故、かかる大難来ることかくのごとく無量なり」と。

 このように、国王の大罪は国に大きな災難をもたらすことを説き。国家最高指導者が有するカルマが、良かれ悪しかれ国土に反映されることを述べたのである。

 このような原理を述べた後、自身の滅後2千年以降の末法の時代がどうなるのかについて、釈迦は次のように予言しているのである。

 即ち、「我が滅後に末法に入って、提婆がようなる僧国中に充満せば、正法の僧一人あるべし。彼の悪僧等正法の人を流罪死罪に行ひて、王の后乃至万民の女を犯して謗法者の種子の国に充満せば、国中に種々の大難をこり、後には他国に攻めらるべし」と。

 なんと驚嘆すべき予言であろうか。釈迦は菩提樹下で悟りを得てからの50年の説法の中で、法華経こそが最高の教えであることを明言した。であるならば、正法の唯一人の僧とは、流罪死罪の大難に遭われた末法法華経の行者・日蓮大聖人をおいて他にはない。

 したがって、仏教史において末法の時代の今日、我々は日蓮大聖人の正しい教えを継承することが釈迦の本当の教えに応えることになることを知らねばならない、と私は声高に発信させていただいているのである。この道を歩まなければ国が亡ぶ、と警告し、此の事が「余が一大事の法門なり」と断言されている。

 以上のことをもっとお聞きになりたい方は、私が会主を努める日蓮正宗法修寺に連なるワールドピース地涌の会に是非ご入会ください。連絡先・090-7825-6257まで。

日蓮大聖人の瑞相御書と現代日本

 日蓮大聖人が54歳の時に書かれた瑞相御書の内容に、私は深い感銘を抱いている。なぜなら、今後、日本人としてどう生きるべきかを考えるとき、この御書はあまりにも明快な答えを示してくれていると思うからである。

 それでは順次、瑞相御書に示された内容を学んでいきたいと思う。冒頭には「夫天変は衆人を驚かし、地妖は諸人を動かす」とある。天変地異が人々を驚かし、多大な被害をもたらすことは言わずもがなである。

 次に「夫十法は依報なり、衆生は正報なり、依報は影のごとし、正報は体のごとし、身なくば影なし、正報なくば依報なし、又正報をば依報を以って此れをつくる」とある。これは依正不二の原理を述べている。即ち、人間と環境は相互に関係し連動し一体であると言うのである。

 次に、「近きを以って遠きを表す」と。物事には必ず瑞相があるから、身近に起きた小さなことは将来どうなるかを表していることに気付くべきことを教えている。

 さらに、「大地の動ずることは人の六根の動くによる、人の六根の動きの大小に因って大地の六種も高下あり」と述べ、地震や国土の災害などの大小は人間の六根、即ち、人間の眼耳鼻舌身意といった六根がどう動いたかによって起るのだと断言されている。過去におけるアメリカや中国、そして現在の北朝鮮金正恩による弾頭ミサイル発射や核実験といった人間の六根による仕業が、直接・間接、地球の火山帯に影響を与え、様々な災害を人々に与えていることは間違いない。

 さらに日蓮大聖人は「人の悪心盛んなれば、天に凶変、地に凶妖出来す、瞋恚の大小に随いて天変の大小あり」と言われている。

 そして極め付きは「今日本、上一人より下万民にいたるまで大悪心の衆生充満せり」と述べ、「此の悪心の根本は日蓮によりて起れるところなり」と断言されている。

 この言葉と同じ意味の言葉として他の御書には「日蓮によりて日本国の有無はあるべし」との言葉がある。日蓮大聖人の教学を知らない方には理解不能であることを承知の上で、敢えて結論を言えば、仏教の始祖と言われる釈迦の教えを最も正しく理解したのは日蓮大聖人ただお一人である。したがって、これからは、日蓮大聖人の本当の教えに従う人が善人であり、これに違背するものは悪人になるということ。その悪人が充満する国は天変地異に襲われるということ。

 即ち、日蓮大聖人が日本存続の有無のキーマンであることを宣言されているわけです。

 なぜそう言えるのかを知りたい方は、是非、私が会主の(日蓮正宗法修

寺の在家の講)ワールドピース地涌の会にご入会ください。とことんお世話させていただきます。とくに、昔の創価学会は良かった、富士の大石寺の大御本尊様にお目通りしたい、と思っておられる方は歓迎いたします。今すぐお電話をください。090-7825-6257番。

政治の安定・決めれる政治の功罪

 田中角栄氏の政権時代のキーワードは決断と実行だった。日本列島改造論の断行などはその典型的な例である。当時はこれに色々と反論する人もいた。信濃川河川敷をめぐる利権政治なども問題となった。しかし、石原慎太郎氏が田中角栄氏を天才政治家と持ち上げた如く、日本列島改造によって、基本的なインフラ整備が行われ、国民の地域格差が多少なりとも解消された成果があったことは疑いない。即ち、決断と実行による決めれる政治の効果がもたらされたのである。

 今日、安倍総理は、このところ弱体化が目立つ民進党などの野党に対し、決めれる政治を声高に喧伝し、かつての民主党政権との違いを自慢気に語る国会答弁が多くなった。確かに、何事も決められない政治では国民は失望して今う。政権にとって、決めれる政治ができるかどうかは大事なキーワードである。

 しかし、今日の安倍政権の実態を見ていると、森友学園加計学園問題の対応では、安倍一強政治の弊害が出てきていることに眉を顰めざるを得ない。総理自身や昭恵夫人の介入が疑われているにもかかわらず、これを積極的に解明する姿勢が全く見られず、真相をうやむやにしている態度に国民は不快感を抱いている。昭恵夫人や前川氏の証人喚問を拒み、ひたすら情報公開にストップをかける所業は、決めれる政治の悪用以外の何物でもない。

 一方、このような安倍政権を支え続けているのが公明党創価学会である。とくに公明党は、政治の安定が極めて大事だと訴え、その役割を自分たちが果たしているとして自己宣伝のメインスローガンに掲げている。しかし、政治の安定が大事だからと言って、憲法改正共謀罪法案の不十分な国会審議を残したまま、拙速な経強行採決に走る自民党を支えるようでは政治の安定の悪用になりはしまいか。

 かつて私は、公明党の生みの親ともいえる創価学会の池田会長に直接、次のような話を聞いたことがある。池田氏いわく、公明党は99%政権がとれる状態になっても政権を取ってはならない。庶民のため野党として戦うのだ。政権をとるときは半永久的に崩れないときに取るべきだ。(要約)と。現在の公明党創価学会の姿は、この池田氏の指導に反していると私は思う。第1次第2次安倍内閣では、金と不規則発言などで次々と辞任を繰り返す閣僚は後を絶たなかった。その都度、公明党創価学会は悪を容認してきた。そうした態度の裏にどういう本音があるのか。私には見え見えである。今こそ、前川前文科省事務次官が言う、気は優しくて力持ち、の政治家や官僚が踊りでなければ日本人は後悔することになるであろう。人事権を握った官邸に媚びて、忖度ばかりしている官僚は排斥すべきだし、それを擁護する安倍総理は交代だね。

 

宗教を考えるときの大事な視点

 充実した人生を送るために欠かせないのが正しい宗教である。宗教なんて必要ない、と思っている人は、間違った宗教の弊害を見ている場合が多い。しかし、本当の正しい宗教を知れば、そうした思いは180度変わる。幸い私は、中学1年の時に日蓮大聖人の究極の教えに出会うことができた。就中、日蓮立正安国論に説かれた個人の幸福と国の安全・平和の両立をめざす大確信溢れる主張には、大いに魂が揺さぶられたのである。

 そもそも、宗教とは何なんであろうか。そして、宗教の目的は何なんだろう。私はずっとこのことを考えてきた。なので、世にある様々な宗教に触れてみた。教会やお寺や道場に足を運んで、信者さんたちと行動を共にしたり、責任者の方々に沢山の疑問点を質問をして理解を深めてきた。そうした中で私は、宗教に対する自分なりの考えを持つことができた。

 第一は、開祖は誰なのかを確認することである。同時にその開祖の教えが書かれた文献が存在するのかを確認することが大事である。

 第二に、教えの内容が曖昧であったり、あまりにも道理に合わのないものは問題があると思う。現代社会は科学の発達が目覚ましい。科学的に証明できるものは疑う余地がない。しかし、化学には限界があることも事実だ。だから、ある程度道理に合って納得できる教義があることが必要なのだ。残念ながら、あまりにも神秘的過ぎるものは捨てざるを得ない。

 第三は、その人の教えを信じて行じた結果がどうであったか、効果の内容を検証することが最も大事である。一時は良かれと思っても長くやっていくうちに、願っていたことと逆の結果が出てくることがあるから、ある程度の時間が必要である。しかし、必ず現証が出てくるからごまかしはできない。

 第四に、宗教は基本的に人々の深刻な悩みを解決する道を指南することが大目的であるから、入会時や修行のコースなどに高額なプライス表が決められていたり、行事のたびに金がかかるというのは、好ましいとはいない。教団の維持や布教活動にはカネがかかるから、一定の負担を信者にお願いすることはやむを得ないとは思うが、信者のお布施は志が基本であると思うので、貧しい人でも参加できるようにすることが求められると思う。とくに、費用について公開しないようでは信用性が疑われても仕方あるまい。

 

大御本尊の功徳は六根清浄

 今日は5月2日、私は千葉の別荘に来ています。二階の窓からは心地よい緑の風が入ってきます。コーヒーを飲みながら、これから順次、本門戒壇の大御本尊にリンクした当会・ワールドピース地涌の会に入会し、ご本尊に五座三座の勤行の修行をしていくと、一体、どのような功徳があるのかについてお話いたします。

 釈迦と日蓮大聖人の御金言には汚れた命が磨かれ、六根清浄の功徳が得られる仰せです。六根とは眼・耳・鼻・舌・身・意の人間に備わる6つの器官・機能のことです。これらの6つの器官の機能は、すべてが人間の体と心を生かしめている生命の根っこに繋がっていることから、眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根と言うわけです。

 このような仕組みを理解できると、何をどうすべきかが自ずと明確になってきます。そうです。6根の源となっている生命を清浄無垢なものに磨き上げ、不動の仏心の生命を確立することが人生究極の目的になるわけです。私は中学1年の時から今日までの66年間片時も忘れずに唱題に励み、我が生命を磨きながら、六根清浄の修行をしてまいりました。その結果どうであったか、自らの体験を通して六根清浄の功徳をについてお話しましょう。

● 眼の功徳について

 私は今年74歳になりますが、先日、自動車の免許更新で高齢者講習に臨みましたが、すべて合格し新しい免許証を頂いてきました。日産のディアリスに乗ってドライブを楽しんでいます。垂れ目になることもなく、目に輝きがでてきます。保険会社の細かい文字も眼鏡なしで読むことができます。

 眼の功徳は単に機能上の浄化だけではありません。自分が幸福になるために必要なものは全て見ることができるようになるのです。私は議員時代に世界36都市の風景を見ることができました。美しい絵や宝石、建築物、芸術作品、そして美男美女も瞼に収めることができました。さらに、すべての事相をありのままに正しく見れる目になるのです。のろけ話で恐縮ですが、正直さが言語・態度・動作に表れるので飽きることがない東京芸大卒の女性と結婚し、まもなく金婚式を迎えます。今後もより美しいものを見て感動する人生が100歳を超えるまで生きることを思うと喜びがこみ上げてくるのです。

●耳の功徳について

 唱題の修行をしていくと、耳の機能がいつまでも正常に保たれるのです。私は今日まで耳かすを掘りすぎて炎症を起こしたことが何度かありましたが、耳の機能は正常です。時折、庭の植木の枝に止まって鳴く鶯の声には癒されます。長女が弾くメンデルスゾーンやリストのスタンウェイのピアノ曲の音は最高です。また、女性の演歌歌手の美声も大好きで歌詞を負いながら涙して生きる力が涌き心が穏やかになります。

 耳の功徳は音を聞くという機能だけのものではありません。自分が幸せになるために必要な情報が自然と舞い込んでくるようになるのです。唱題の修行によって強く願って電波を発信すると、それに感電した情報が飛び込んでくるのです。かつて、ローンを組んで4300万で購入した20坪たらずの新築住宅を、1億で買いたいという人がいるとの情報が舞い込みラッキーでした。

●鼻の功徳について

 正しい本尊を頂いて五座三座の勤行で唱題修行をしていくと嗅覚が発達し、匂いに敏感になります。異臭には即座に反応できるので、危機を脱することができるようになるのです。そればかりではありません。身の回りが良い香りに満たされる環境で生活できるようになるのです。また、不思議なことに私は、小さいときには鼻ぺっちゃと言われたのですが、大人になるにしたがって次第に鼻が高くなりました。

●舌の功徳について

 勤行唱題を続けていくと舌の機能が発達してきます。一つには味覚の発達です。年をとっても味覚に敏感でいられるのです。何を食べても味がしないとか、美味しくないとかの愚痴を言うことがなくて長生きできるのです。また、美味しいもの、旨いものを好きなだけ食べられる境涯の人になれるのです。

 二つには、呂律が回って言葉を明確に発することができるようになるのです。おかげさまで私は自分が求める味に敏感になり、その時々に食べたいものを不自由なく食べたり飲んだりしてきました。また、北島三郎の歌・北の漁場を周りが驚く程の声量で歌うことができるし、マイクを握ったら何時間でも張りのある声で演説することができます。

●身の功徳について

 唱題に励むと身体が軽くなり頑健になります。胃腸などの内臓が丈夫になり、腰痛・肩こり・関節痛・前立腺異常などがなくなります。顔色がよくなり体が弾み髪の毛までもが輝いてくるのです。へんなことを言って恐縮ですが、男性機能も衰えをしらず、多分、100歳過ぎても元気でいられると思います。役ただずの男は死んだも同然、魅力がないと言う人もいますね。いつでも仲良くできる人がいることは幸せなことです。まさに天人常充満の経本通りの境涯になれるのです。先日妻に言われて喉頭がん、食道がん胃がん、大腸がんの検査を受けましたがすべてセーフでした。

●意の功徳について

 意の功徳とは心が満たされる功徳のことです。現代人は心の悩みやストレスを抱えている人が多いですね。しかし、当会推奨の御本尊を拝む人には、常に、心の満足度は100点満点、生きること自体が楽しくてしようがないという人生に代わります。心に思ったことや願ったことを実現することができるようになれるのです。それは御本尊様に力があるからなのです。

 以上いろいろ述べましたが、六根清浄の人ほど魅力のある人間はおりません。即ち、仏(ブッダ)様のことを言っているのです。経本には、六根清浄の人は、智慧が明瞭になり多聞強識となるとあります。多聞強識とは沢山聞いても忘れない力が付いてくるということです。同時にそれを自由自在に引き出して思い通りに表現する力付いてくるのです。また、六根清浄の人には、悪い人や変な人は寄り付くことができず、良い人のみが周りに集まってくるようになるのです。

 六根に異常をきたし医学的な外からの治療をすることを否定はしませんが、より根本的な治療は、六根の機能を司る生命自体の浄化と強化の重要性を釈迦や日蓮大聖人は教えているのです。これは本当の話です。信じてください。もっと詳しく聞きたい方はいつでもご連絡ください。携帯は090-7825-6257です。

地涌の会代表としての平和への祈り

 皆さんこんにちは。お元気ですか。「ワールドピース地涌の会」の有川靖夫です。5月躍動の新緑の季節を迎えましたね。今日は私の日々の祈りについてお話いたします。

 私の行動の原点は、常に自分が地球に生まれ、地球に育まれ、幸せに生きていられることに感謝の心を忘れず、世界の平和に貢献することにあります。

 今の喫緊の課題は、アメリカと北朝鮮武力衝突をさせないことではないでしょうか。昨日、北朝鮮はアメリカのカール・ビンソンの空母キラーが目的とみられる対艦ミサイルを発射させました。失敗したとはいえ安心はできません。なぜなら、失敗の経験は学びとなって成功へ繋がるからです。今回の発射は朝鮮内陸部のフクチャンから北東へ向け、ソ連領土の手前に落下しました。カール・ビンソン向けではなかったのでホッとしました。

 しかし、アメリカと北朝鮮武力衝突の危険性は無くなったとは言えません。カール・ビンソンは目下、日本の対馬海峡を通過し北上しながら北朝鮮海域に向かっています。沖縄の国際通りなどでは米兵の姿は見られなくなりました。臨戦態勢に入った証拠です。

 北朝鮮側もいざというときに備え、冷たくなりつつある中国との関係を尻目に、ロシアに急接近、兵器を動かす石油の確保に必死です。ロシアはこれに応じ、万景峰号をはじめとする石油タンカーのウラジオストク港への出入りを認めています。

 一方、中国は6か国会議などで話し合いによる解決を提唱しておりますが、アメリカは北朝鮮が核開発を止めるといわなければ対話には応じないとしているので実現の可能性は望めません。カール・ビンソンの朝鮮海域滞在は5月一杯が限度と言われていますから、緊張状態はしばらく続くと見なければなりません。

 5月は北朝鮮にとっては毎年、兵士を含む人民全員が田植えをする時期なので、アメリカと向き合って軍事的挑発行為を続けたのでは収穫ができなくなって、人民の食糧危機を招いてしまいます。

 こうした緊迫状態が続いているなか私は、「願って叶わざるなし」の大本尊に、五座三座の朝夕の厳格な勤行を行い、朝鮮半島と日本の安全を真剣に祈願いしております。

 日蓮大聖人曰く、富士大石寺にまします本門戒壇の大御本尊様にリンクした私の一念一心は「法界に遍し」即ち、全宇宙に伝わるとおおせです。また曰く、「十界同時の光り指すなり」即ち、私の祈りはトランプ、金正恩習近平プーチン等の最高権力者にも内在する仏の生命に同時に光を放ち、互いが平和的解決を目指すようになる、と断言されているのです。ものすごい力があるのです。なぜそうなるかについては、私に直接問い合わせください。そして、私と一緒に世界の平和を祈りませんか。連絡をお待ちしております